虚シコウ

「虚」に関わるアレコレについて「シコウ」していきます。早い話、雑記ブログです。

ファンキー加藤は"曲の人"、僕は"根性曲がった人"

【虚×私考】2020/03

 

久々にスピッツの曲でも聴きたいなと思い、YouTubeの検索窓に「スピッツ 曲」と打ち込んだ後すぐに「あ、わざわざ"曲"って入力する必要はないのか」と気づく。

スピッツ」と検索しようが「スピッツ 曲」と検索しようが、どうせスピッツの曲がたくさんヒットするんですよね。そりゃそうだ、スピッツは歌って演奏してナンボの人、"曲の人"だから。いい意味で"曲者"でもある。僕みたいな "根性の曲がった人"ではないし。

...というどうでもいい言葉遊びがなんだか少し虚しく思えてきた。

「ああそうか、スピッツは"曲の人"で、僕は"根性曲がった人"かぁ...」って。

 

いや冗談っぽい話のようですが、この感覚は多分自分だけのものじゃないはず。

これを読んでいるあなた、あなたは根が曲がった人ではないですか? 素直さに自信があるというならば、信念は曲がっていない?将来の進路は? 何かしらで"曲がった人"ではないでしょうか? 

スピッツだけでない、King Gnuofficial髭男dismも、あのファンキー加藤でさえ"曲の人"なのに、自分は"曲の人"ではなくて"根性曲がった人"なんですよ!?

 

いや、そりゃアーティスト達だって曲がった気持ちをたくさん抱える、何かしらで"曲がった人"だとは思う。でも彼らはその"曲がった感情"を"曲"に変換したり、"曲"の中に包み込んだりして表現している。でもこちらはただの"曲がった人"なわけで。

だいたいファンキー加藤に至っては曲がっている要素0ですしね。少しでも捻くれたモノの見方してたら、あんな歌詞書けるはずない。そもそもファンキー加藤の曲知ってます? 『輝け』って曲では「何度も輝け 輝け」と歌い、『まわせ!』って曲では「まわせ まわせ」と歌っているんですよ。ついでにタオルもまわしながら。

「獲得ポイント = "曲の人"ポイント − "曲がった人"ポイント」の採点方式で選手権とか開催すれば、きっとファンキー加藤が優勝すると思います。あ、でも"曲の人"ポイントが高いわけでは...

とか脱線しているうちに、虚しい言葉遊びなどどうでも良くなったという話。念のために一応、ファンキー加藤さんの事をdisっているわけでは決してありません。ファンでもないけど