虚シコウ

好きな虚しさを収集しています。マイナー志向でニッチ嗜好な雑記ブログになるかと思います。

カメラの前でピースをキメられるようになる方法

最近、カメラの前で堂々とピースをキメられない問題を克服した(しかけている)ので、そのノウハウを記録しておく。


はじめに、「そんなもの陽キャ陰キャかの違いでしょ。恥ずかしがってんじゃないよ」という意見に対して置き反論をしておきたい。

カメラの前で「ウェーイwww」ってはしゃいだポーズ、これは陽の人御用達で、陰の者はまずしない。

でもピースは何故かだいたい皆さらっと2本指をキメてくるのだ。

明らかに自己主張が苦手そうな、"ピース苦手顔"のあの青年もそこの少女も、カメラを向けられたらすっとピース。「ピースしてください」と言われてもいないのに。

 

ここになんだかカルト的なパワーを感じ取ってしまって、僕は長年ピースが上手く出来ずにいた。

だいたいピースってなんだ?手の形によって写真写りが良くなる訳でもなかろうに。よりにもよって、何故✌🏻の形を採用したんだ。👊や✋🏼と比べるとややトリッキーなポーズ。意味が分からない…

ああ、意味がイマイチ分からないポーズを集団でとっているという違和感こそが、僕のピースライフの妨げとなっているのか!と気づく。


ならば、✌️に適当な理由付けをする策を講じればよい。

僕は、✌️は「ピース」ではなく「2」を意味しているポーズなんだと考える事にした。

「すいません、顔偏差値2の人間が写真に映ってしまって」

でもいい。

「あなたの撮影技術は2点でーす」

でもいい。

とにかく、意味のある行為をしているんだと自分を納得させてやる。


このようにして、僕は無事ピースをキメることができる人間へと成長出来たというわけだ。

…いや、僕がキメているのはピースではなくて「2」なわけで、これは成長と呼べるのだろうか…?

と、空虚な思考は今もなお続いている。