虚シコウ

「虚」に関わるアレコレについて「シコウ」していきます。早い話、雑記ブログです。

急性リンパ性白血病になった

血液の癌を告知された。

 

先日胸の奥にあった腫瘍を生検してもらったのをはじめとする諸々の検査の結果、

「T細胞性急性リンパ性白血病/リンパ腫」

というのが正式な診断名になるらしい。

 

いやー……

一言いいですか?

今の気持ち、一言だけ伝えてもいいですか?

 

 「ガーン」

 

ですよ。

 

…うんまあ実際に告知を受けた時に発したセリフは

「なるほど、つまり血液のガ、ガーン、ってことですね(高速)」

といったザマで、

反省して後で脳内シミュレーションをしても

「まあ、あれですね、あの、ガ、ガーン、。。、みたいな、ハハ、いや、あのちょっと言ってみたくなっちゃって、ふいに、まあ、こんな機会ですからね、。。ぇぇ、」

と全く歯切れぬ返答しか出来なかったので、

ここでズバッと言わせていただきます、「ガーン」と。

 

とにかく、発言に「ガーン」を含めたという事実を作りたかったのです。

「癌」を「病名」でなく「単なる寒いダジャレの上の句」として扱ってやりたい。

白血病側だってまさかスベらされるとは思ってないだろうから。

泣かすか、驚かせるか、はたまた軽くスカされるかのいずれかを想定してやってきた病に対して、

「いいえ、あなたは今ただスベってますよ」

と忠告する。

言わば不意打ちの先制攻撃。

それと類似の発想で本記事のタイトルも『白血病になってみた』とYouTube風にするかと一瞬思ったが、ちょっと健気な強がり感が出すぎるのでやめた。

 

実際、診断結果を聞いた時、不思議と動揺しなかった。

今まで大病の経験もなく入院自体はじめてなのに、入院してから今のところ心の平穏はずっと保たれている。今後どうしていくかのシナリオも複数パターン想定できているし、夜もぐっすり眠れている。寧ろ平時の何倍も生活習慣は整っている。

テンションが乱高低しない元々の性格が効いているのでしょうか。

まあ今はまだ抗がん剤も入れてないし、長い治療物語のプロローグに過ぎないんでね。

これが今後しんどくなってくるとどうなるのか、というのが見物でしょう。

 

とにかく長期戦になる(というか短期で決着をつけられないようにしたい)ので、しばらくはこのブログに、
スケジュール、各検査/治療の副作用 の痛みの度合い、精神状態や考え方の変化 辺りの情報でも記録していこうかと思う。

いや、もっとしょうもない内容、100%自分本位な殴り書きになる気もする。

病気や治療の医学的な詳細はあやふやな記述で誤解を生むといけないので書かない。

 

…かつて遊び目的でイジってた「ごっこブログ」をこんな形で復活させるとは。

まあ元々ある箱を使い回すくらいの力の抜け具合が丁度いいでしょう。

一応ブログのテーマにも沿っているし。「虚しさ」についてどうシコウしていくかというテーマを考えるとき、罹患を通した「虚」への価値観の変化は重要な視点だし。

「THE 闘病日記」とかなんか、のまれてる?感じするし、そんな大層な文章書けないし。

 

2週間記事の更新が止まったら結構心身キツい時期で、
1ヶ月経っても不動なら………「ガーン」な結果だったと、察していただこう。