虚シコウ

好きな虚しさを収集しています。マイナー志向でニッチ嗜好な雑記ブログになるかと思います。

ノスタルジーを感じる昔のCM曲について

特に何かきっかけがあった訳でもなく、ふと昔流れていたCM曲をもう一度聴きたい衝動に駆られてネットサーフィンをした。

「昔のCM曲」といっても、Mステのランキング特集に挙がるような昭和時代の国民的懐メロの事では無い。ただ個人的に特にノスタルジーを感じさせられる曲を今回3曲発掘した。

自分以外の誰かにとっても同様に刺さるという訳では勿論ないと思うが、どうもこの3曲、「ノスタルジー」の性質というか在り所がそれぞれ違う気がする。

どういう事なのか、1曲ずつ確認してみよう。

 

TRIPLANE / パノラマセカイ」 アキレスキッズシューズ「瞬足」CMソング

www.youtube.com


小学生の時(今から10年程前?)、土日朝のアニメの間のCMでよく流れていた記憶がある。
こんなにも思い出の曲のMVが3年前に公開されているのに1800回程度しか再生されていないというのは少し寂しい。そこに新たなノスタルジーを感じてしまう…のはさておき、

これは、爽やかなメロディが、休日がスタートするあの頃のワクワク感を強く思い起こさせてくることでノスタルジーへと繋がっているのだと思う。

 

清水建設のCMソング『いつか きっと』」

www.youtube.com

ドラえもんのアニメの合間にめっちゃ流れていました。あーこれこれ、懐かしい。

シルバニアファミリーとかココスのCMもあった気がするけど、特にこの曲が個人的にはエモいですね。さっきの曲と少し違うのは、小学生当初から、この曲にどこかノスタルジックな要素を感じていた点でしょうか。
なんというんでしょう、「いつかきっと出来るよね」「信じてれば出来るよね」...と、迫り訴えかけてくる感じが、かえってそんな未来は来ないのではないだろうか、とガキ心ながら感じさせてくる衝動があったのか。あと、これは夜に流れていたCM曲だから、一日が終わってしまうという虚しさも含んでいるのかもしれない。


「MOROHA / うぬぼれ」 「保育・人材・介護のライク」2018 企業CM 

www.youtube.com

いつどのタイミングで流れていたCMだったかは全く覚えていないが、はじめてTVから聴こえてきた時の衝撃がとても強かった。今の曲はなんていう曲なんだ?アーティストは誰?という疑問を色濃く抱えながら、次にまた同じCMが流れる日を待ち望んで、待ち続け、...結局僕がこの曲をTVから聴くことはもう二度となかったのを、今ようやく発掘することができた。

ノスタルジーって、昔に何回も触れ合って身体に刷り込まれたものとの再会から生まれるものとばかり思っていたけど、この曲に関しては会うのはたったの2回目。でも、「ようやく会えた」「もう忘れそうだったものを思い出した」というところにもノスタルジーは感じ取れる、という事なのか。

うーん、ノスタルジーという概念は「虚しさ」と密接な関係があると以前から考えていたが、それは今回の2曲目の話で、1曲目や3曲目の場合はまた違った要素が多分に影響していそうだ。面白い。